HOME »  

2019-08-12
カテゴリトップ>>袋帯
夾纈染 花鳥文様
袋帯
【未着用品】
       
長さ 4 m 36 cm】 1 丈 1 尺 5 寸 1 分
太鼓巾 31 cm】 8 寸 2 分
前巾 cm】 寸 分
詳細 未着用品
付属品

寸法・採寸についての詳細はこちら
お仕立て替えや二部式加工等も当店にて承っております。
上記【商品についてのお問い合わせ】、またはお電話・メールにてお気軽にご相談ください。











正倉院御物の中で、纐纈(こうけち)、ロウ纈(ろうけち)とともに「三纈」と呼ばれ、
奈良時代の模様染めを代表するもののひとつである夾纈(きょうけち)染めで花鳥文様が染められた袋帯のご紹介です。
夾纈染めは二枚の薄板の間に布をはさみ,板に彫り抜いた模様の部分に開けた穴から染料をしみこませて染める技法ですが、
現在でもその技術の詳細には謎が多く幻の染と呼ばれています。
そんな歴史のある技法で染め出された花鳥文様は独特の淡いコントラストによる模様の陰影が印象的です。
「縹地唐草花鳥文夾纈あしぎぬ」(あしぎぬは漢字表記)に取材したものと思われますが、
全体的にグリーン系で統一され、所々花の部分に刺されたオレンジ、黄、青が印象的で繊細な美しさを感じます。
同じく正倉院御物の「樹下鳳凰双羊文」が地紋に織り出された帯地に染められていて、隠れた贅沢さが心憎く感じられます。
季節を選ばない柄ですので、長い期間活躍してくれる事と思います。
古代へのロマンを感じられる素敵な袋帯です。
価格
130,000円 (税込140,400 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く